投資不動産の選び方

安定した利回りを期待して、不動産投資で資産運用を始めようという人もいることでしょう。

しかし「安定した利回り」は、投資対象を間違わなければであって、失敗すると折角投資したのに利用者が見つからず望んでいたような利回りが得られない可能性もあります。
では資産運用として投資マンションを選ぶ際のポイントを見てみましょう。

まずは立地条件。
不動産の良し悪しの殆どは、立地条件に掛かっていると言えます。
交通機関、公共施設、医療施設、スーパーなど日常生活の利便性などをチェックしましょう。

また物件の状況そのものもチェックポイントです。
インターネット・衛星放送・CATVなどの受信設備が充実していること、通気性や騒音の有無、部屋の使い勝手、またオートロックなどのセキュリティが充実しているかどうかも見ておきましょう。

更にその不動産の周囲にある事業予定地や空き地などもチェックしておくと、その物件の将来性をある程度予想することができます。
今後大規模な再開発などでマンションが乱立する恐れがあるような場所は、将来的に入居者が減ってしまう可能性がありますから、気をつけて下さい。

基本的には、自分自身が住みたいと思うかどうかが不動産投資を見極めるポイントになるでしょう。
良い物件を見つけることができれば、安定した資産運用が見込めるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です