書類を収納するための3大原則

書類を整理して収納できないという人は、書類を収納するための3大原則を行うことで、綺麗に収納できるようになると言われていますので実践してみましょう。

書類を綺麗に収納する3大原則とは、立てる・見せる・捨てるということになっており、立てるというのは書類を横向きに積まないことです。

書類を横向きに積んでいってしまうと必要な文書が探しにくくなりますし、崩れて散らかってしまうことにもなりますので、立てておくようにしましょう。

見せるとは、文書のタイトルを見せておくことということで、文書を探すときにタイトルが見えていれば、すぐに見つけることが出来るからです。

捨てるとは、その名の通り要らなくなった文書を保管しておいても邪魔になり、デスクの上を綺麗に整理して収納できないので捨てましょうということです。

このような3大原則に従って文書を扱っていけば、デスクの上が文書で散らかってしまうことがなくなり綺麗に整理できるので、上手く整理できない人は行って見て下さい。

 

【お役立ちサイト】
必ず片づく!こまごま書類のざっくり整理法
家庭の書類収納術(5) 家庭の重要書類
ファイリング・システム3つの柱

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です