話題となっている店舗調査とはどのようなものか

店舗調査には、2つの意味がある。一つは直接現場に向かい、顧客がそのテンポでどのような商品を購入しているのか、どんな理由があって購入したのかを直接リサーチする方法である。この時、撮影道具なども使用されることが少なくない。

もう一つの方法としては、調査会社などから指名された者が店舗に向かい、直接店舗で指定されたものを購入し、店舗の中の状態やサービス内容などを確認する。

昨今では、後者で一般人を採用していることが少なくない。利用している理由の一つに、一般人ならば面が割れにくく消費者視点から着実に利用している商品や購入状況、さらに店舗の状況やサービス内容に至るまで厳しい目でチェックができるからだ。

当然店舗が対象としている年齢層の人間を採用することが少なくないが、基本的に採用される人材としては30代から50代の主婦や会社員といった一般的な店舗で対象としている年齢層が多い。なお、若年層向けの店舗の場合にはまた若年層の採用枠がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です