話題となっている店舗調査とはどのようなものか

店舗調査には、2つの意味がある。一つは直接現場に向かい、顧客がそのテンポでどのような商品を購入しているのか、どんな理由があって購入したのかを直接リサーチする方法である。この時、撮影道具なども使用されることが少なくない。

もう一つの方法としては、調査会社などから指名された者が店舗に向かい、直接店舗で指定されたものを購入し、店舗の中の状態やサービス内容などを確認する。

昨今では、後者で一般人を採用していることが少なくない。利用している理由の一つに、一般人ならば面が割れにくく消費者視点から着実に利用している商品や購入状況、さらに店舗の状況やサービス内容に至るまで厳しい目でチェックができるからだ。

当然店舗が対象としている年齢層の人間を採用することが少なくないが、基本的に採用される人材としては30代から50代の主婦や会社員といった一般的な店舗で対象としている年齢層が多い。なお、若年層向けの店舗の場合にはまた若年層の採用枠がある。

助成金申請代行を行うときに社会保険労務士を選ぶポイントについて

助成金申請代行と社会保険労務士

会社の経営を行っているという人が多くなっていますが、会社にどのくらいの助成金があっているのかと言うことを考えることがあります。

このような助成金のことを考えるときには、しっかりとした専門知識を持っていると言うことが大切です。

ここで自分で対策をするのではなく、助成金申請代行を依頼する方法として社会保険労務士に依頼をするという方法があります。こうすることで安心して申請をすることができます。

そこで社会保険労務士を選ぶときのポイントとして次のようなことがあります。まずは信頼できる人であるかどうかということになります。

助成金に関してあまり詳しい知識がないという場合には、しっかりと内容の説明をしてくれる人や、信頼できる人を選ぶと言うことがポイントです。

また助成金の申請の中でも創業や新規事業系、育児や介護系などさまざまな分野に分かれています。したがって社会保険労務士の得意分野に合わせて選ぶと言うことも大切です。

書類を収納するための3大原則

書類を整理して収納できないという人は、書類を収納するための3大原則を行うことで、綺麗に収納できるようになると言われていますので実践してみましょう。

書類を綺麗に収納する3大原則とは、立てる・見せる・捨てるということになっており、立てるというのは書類を横向きに積まないことです。

書類を横向きに積んでいってしまうと必要な文書が探しにくくなりますし、崩れて散らかってしまうことにもなりますので、立てておくようにしましょう。

見せるとは、文書のタイトルを見せておくことということで、文書を探すときにタイトルが見えていれば、すぐに見つけることが出来るからです。

捨てるとは、その名の通り要らなくなった文書を保管しておいても邪魔になり、デスクの上を綺麗に整理して収納できないので捨てましょうということです。

このような3大原則に従って文書を扱っていけば、デスクの上が文書で散らかってしまうことがなくなり綺麗に整理できるので、上手く整理できない人は行って見て下さい。

 

【お役立ちサイト】
必ず片づく!こまごま書類のざっくり整理法
家庭の書類収納術(5) 家庭の重要書類
ファイリング・システム3つの柱