花祭壇というトレンド

花祭壇というトレンド

花祭壇なるものをご存知だろうでしょうか。
誰でもいつか死を迎える、その人の最後のイベントが葬儀です。

その最後のイベントである、葬儀というものがここ10年ほどで大きく変化しているようです。
今、葬儀の現場で何が起こっているのでしょう・・・ それは、花祭壇を選択する人が増加中しているという事です。

葬儀の祭壇に故人の好きだったと思われる花を飾ったりするものですが、宗派などを問わず、遺族や親族などの要望・故人の赴きを表した様々な花祭壇が多くなっているようです。
プランの相場も50~200万円くらいまで複数あり、価格が上がるとより立体的で奥行きのある立派な装飾になります。

近年だと何でも○○活と評して特定の活動を略して呼ぶ事が多いですが葬儀など自分自身の最後を飾る活動の意味で、「終活」という表現で己自身の葬儀などの準備をあらかじめ用意する人も少なくないようです。
その中でも特に力が入るのがこの花祭壇なのではないでしょうか。

豪華すぎず、されど寂しすぎず程よいバランスでデザインされた形が今のトレンドで、受注する業者の中には、特定の「スポーツ」や「自然」などある程度のイメージを伝えると、的確に表現した花祭壇をデザインしてくれるサービスもあるようで人気が高まっています。