高級風呂敷は、丹後ちりめんと浜ちりめん

ちりめんには丹後ちりめんと浜ちりめんが有名です。

丹後ちりめんとは、京都府の丹後で生産されている織物で、ちりめんで最も歴史のある高級品です。
丹後ちりめんは絹を原料としていましたが、現代では綿を原料としたちりめんも普及しています。

これは、絹製だと水に濡れると縮むという高級品ならではの短所を解消するために、改良が進んでいるとみられます。
風呂敷でも、絹素材以外の丹後ちりめんがあります。

一方の浜ちりめんとは、滋賀県長浜市で生産されている織物で、こちらも高級品のちりめんに分類されます。
浜ちりめんは、丹後ちりめんの次に多い生産量を誇ります。
浜ちりめんは絹を原料とするものが一般的なため、丹後ちりめんよりも高価な風呂敷が多いようです。

どちらも風呂敷ではお馴染みの高級ちりめんです。
ポリエステル製の風呂敷に比べると、とても高価な風呂敷ですが、絹でしか現せない表情があります。
一家に一枚あると代々受け継がれる宝物になるでしょう。